FC2ブログ

記事一覧

時代の変化に気づけない、お馬鹿な朝日新聞は、ペンス副大統領が「FTA」と言ったとか修正したとか低次元の報道しかできない

 2018年10月4日の、米国ペンス副大統領の演説が話題を呼んでいる。
 産経新聞は早速強く反応したし、読売は特集記事を組み始めた。

 しかるに、朝日新聞は、その演説の中でペンス副大統領が「FTA」(自由貿易協定)という言葉を使ったとか、使っていないとか、そういう低次元の報道に血道をあげている。安倍政権がFTAの協議には入っていないと説明しているので、揚げ足を取るための報道だ。あまりの低次元ぶりに呆れて物が言えない。

 朝日新聞は、もはや時代の変化を読み取ることが出来ず、安倍政権の打倒しか考えられないのだろう。
 朝日新聞のこの記事には、もう一つ面白いことに気づく。
 バリ島からの記事であることだ。なぜバリ島?
 私の推測でしかないが、バリ島駐在の朝日新聞の記者が、たまたまホワイトハウスのホームページで発見して、本社にご注進をしたのだろう。バリ島駐在の青山記者は、本社の覚えめでたくなったに違いない。

 今の朝日新聞は、海外の駐在記者も含めて、懸命に安倍たたきの材料を探しているのだろう。
 そんな新聞社にまともな記事が書けるわけがない。
 日本にとっても不幸なことだ。
 早く消えて欲しい。




【2018年10月6日 産経新聞】
20181014_001




【2018年10月6日 産経新聞 社説】
20181014_002




【2018年10月13日 読売新聞 twetter】
20181014_003



【2018年10月12日 朝日新聞】
20181014_004





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

キーキアット

Author:キーキアット
ネットでファクトチェックをしよう。
twitter